2012年05月08日

ギョフ / ROYKSOPP

今日の1枚は、コチラ ↓
120508.jpg
ROYKSOPPの「SENIOR」です。
北欧よりの逓信、ロイクソップの'10年に発表されたスタジオ作品としては通算して4枚目となるアルバムですね。
写真の技量不足でほとんど判らなくなっているのですが、暗闇に薄っすらと浮かび上がる二人の翁(に扮したご両人)という佇まいのジャケット・デザインからも、このアルバムの作風を何となく感じ取ることができるような気がシマス。

ロイクソップは一昨々年の7月30日の記事以来、当ブログ久々2度目の登場とナリマス。
その時の記事では彼らのコトを余り書けていなかったので、今回改めてザッと記しておこうと思いマス。
ロイクソップは、トルビョルン・ブラントンとスヴェイン・ベルゲの二人からなる、ノルウェー出身のグループでアリマス。

ノルウェーも何かそういったものを産み出す風土があるのか、独特の清涼感や哀憐味を持つ個性的なアーティストが出ていますネ。
前述の記事で採り上げたファーストは、ココ日本でも高い評価を受けていたりして、その存在は広く北欧勢を背負って立つものになっていると思いマス。
その他過去記事との関連では、'07年10月25日の記事等々で幾度か採り上げたデペッシュ・モードへのリスペクトしているとのことで、そのアタリも彼らの作風に反映されているのではないでしょうか。

前作「JUNIOR」が4年ほどの間隔を空けてリリースされたのに対し、このアルバムはそれからほとんど間髪を入れずに出された1枚ですネ。
その前作の対照とでもいうべき作品と御本人達が言っていたように、どちらがオモテ、どちらがウラというワケではないのですケレドモ、コインの裏表のように対となるアルバムになってオリマス。
ほぼ全編に渡ってボーカルの入ったノリを重視した前作に対して、本作はインストのみの構成になっていて、強いていえば動というよりは静の作風になっているように感じます。

それだけに彼らの非凡さが良くわかるような仕上がりになっているのではないでしょうか。
本当ならば2枚併せて聴いてみるのが一番良いとは思うのですが、そういったことをヌキにして、このアルバムだけでも十分に味わい深く、彼らにしか出し得ない世界観を堪能できる、そんな1枚だと思いマス。
といったところで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
posted by ToraMASA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ラ/ワ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

見聞ブン

本日はちょっとだけ久しぶりの、超ショート・ヴァージョン更新の日でアリマス。

先日、甲子園へ行ったということで、球場観戦時の密かなお楽しみ、御当地ピンバッチ改め選手ピンバッチ第一弾デス。

まず ↓
120505_00.jpg
背番号21、似ているような似てないような絵がポイントの、岩田投手のピンバッチだす。
今日の試合も好投し、久方ぶりのトラの勝利に貢献していましたネ。

続いては ↓
120505_01.jpg
背番号27、復活が待たれる秋山投手のピンバッチ。
白い歯が光っトリマス。

思えば
120505_02.jpg
前の観戦記でサヨナラ勝ちを書いて以来、勝ちから遠ざかっていたのですね。
ゴールデンウィークの終盤になんとか勝てて、ホッとしてオリヤス。

・・・おしまい 野球
posted by ToraMASA at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

大抵 / REO SPEEDWAGON

今日の1枚は、コチラ ↓
120501.jpg
REO SPEEDWAGONの「HI INFIDELITY」です。
大御所、REOスピードワゴンの'80年頃・・・に発表された、通算して11作目ぐらいとなるアルバムですね。
何処となく時代の流れを感じさせるようなジャケット・デザインも目を引く1枚ではないでしょうか。
「禁じられた夜」という原題からかなりかけ離れた邦題の方でも知られている作品デス。

REOスピードワゴンも、王道アメリカン・ロック・サウンドを奏でるグループの代表格の1つですネ。
特に'80年代の活躍が広く知られていると思いマス。
イットキ解散していましたが、再び活動を開始して現在も第一線で活動中デス。
この印象的なグループ名は、車の名前にちなんだものとのことでアリマス。

本作は、彼らの知名度を一躍世界へと知らしめたもはや説明不要の1枚で、セールス面でも大成功を収めたアルバムとのことデス。
アメリカン・ロック・サウンドを聞かせるバンドとして認知されているグループは過去記事でもいくつか採り上げてきましたケレドモ、その中でも彼らは奇を衒うことなくストレートにメロディが耳に入ってくるように思うので、世代を超えてより親しみやすいサウンドが魅力の1つではないでしょうか。

このアルバムで大成功を収める以前から長いキャリアを持つグループだそうで、それを知って作品を聴けば、そういった確かな経験に裏打ちされた実力になるほど納得の、楽曲のよさに無駄のない爽快な仕上がりになっていると思いマス。

収録曲の「Keep On Loving You」や「In The Letter」などが、おそらく何処かで聴いたことのある曲になっていると思いマス。
このアルバム以前の作品は手に入れることがちょっと難しいかもしれませんが、本作はリマスター盤を含めて幾度も再販されている様子なので、容易に入手出来るアルバムです。
といったところで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
posted by ToraMASA at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ア/カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

観戦記'12第三弾(その2)

・・・前回からの続きとナリマス。

そして6回の裏には
120427_00.jpg
1アウト後、マートン選手のツーベースで再びチャンス到来。
アウトは1つ増えて、2アウトとなり続くバッターの鳥谷選手は敬遠の四球で1、2塁とナリマス。

ここでバッターは新井選手、4番の意地をみせて、好投している安藤投手に得点をプレゼントして欲しいところだったのですが ↓
120427_01.jpg
結果は残念ながら空振り三振で、この回のチャンスも実らずでした。
ベンチへ戻る後ろ姿が寂しげでアリマス。

踏ん張り続ける両先発投手、先に交代したのはカープ ↓
120427_02.jpg
8回裏より長身のミコライオ投手が2番手としてマウンドへ上がりました。

一方、安藤投手は9回のマウンドにも上がり、ヒットや盗塁で2、3塁となる最大のピンチを迎えるものの ↓
120427_03.jpg
3アウト目を三振に切って取り、9回を投げぬきました。
残念ながら裏の攻撃で点が入ることはなく勝ち投手となることはできませんでしたが、4安打無失点、文句なしのナイスピッチングでした。

ゲームはそのまま延長戦へと突入デス。

10回表 ↓
120427_04.jpg
タイガースは継投に入り、藤川投手がマウンドへ、負けられない試合展開になってきました。

10回裏から ↓
120427_05.jpg
カープはサファテ投手、そして石井琢選手を投入します。
10回を終わっても両者一歩も譲らず0−0のまま11回へと移っていきました。

11回表からは ↓
120427_06.jpg
榎田投手へと交代します。
この回ヒットとファーボールでピンチになりますが、なんとかおさえて11回の裏へ。

2アウトから、マートン選手がツーベースを放ち ↓
120427_07.jpg
代走に快足の俊介選手が入り、一打サヨナラのチャンスが訪れます。

そして、試合を決めたのは ↓
120427_08.jpg
前日もヒーローだった、平野選手!!
バットを折られながらもセンターへとタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちとなりました わーい(嬉しい顔)

今シーズン、3度目の観戦でようやく勝ち試合を見ることが出来ました。
・・・といったところで、甲子園観戦記第三弾でした 野球
posted by ToraMASA at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。