2012年10月17日

順々 / FOO FIGHTERS

今日の1枚は、コチラ ↓
121016_00.jpg
FOO FIGHTERSの「WASTING LIGHT」です。
タグ付けるほどに当ブログでは度々顔を出しております、フー・ファイターズの'11年に発表された、スタジオ録音のフル・アルバムとしては通算して7枚目となる作品ですね。
昨年の5月28日の記事以来、少しだけ久しぶりの登場とナリマス。

つい先日、デイヴ・グロール御本人よりグループの活動を休止することが発表されニュースになっていましたね。
ただ、活動の再開時期は未定ながらも、解散については完全否定しているので、次のアクションをゆっくりと待ちたいと思っています。
そんなこんなで、今回はフー・ファイターズの今のところ一番新しい本アルバムをピックアップしてみました。

以前の記事でもチラリと書きましたとおり、戦友であるクリス・ノヴォゼリックパット・スメアらのゲスト参加、そしてアノブッチ・ヴィグが携わっているということで大いに話題となっていたのが本作であります。
徹底的にアナログにこだわり抜いたツクリも、作品全編を通じて効きまくりの圧巻の内容になっていると思いマス。
昨年度のグラミー最優秀ロック・アルバム賞を獲得した、広くロック・ファンなら聴いておくべき説明不要の1枚ではないでしょうか。

ロックの歴史において最重要作品であるあのモンスター・アルバムから20年を経て、そこに関わった面子が再び集まって作られた本作、デイヴを筆頭に時を経た今だからこそ表現できる思いがズンと伝わってくるように感じます。
アルバムのラストに配置された「Walk」などにそういった感情が如実に表れているのではないでしょうか。

そういったことなので、コレは輸入盤なのでアレですケレドモ、邦盤ではボーナス・トラックが付けられているということなので、アルバム・トータルの進行的にはボーナス・トラック前で一旦頭を切り替えた方がいいかもしれませんネ。

といったところで、
121016_01.jpg
お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
タグ:Foo Fighters
posted by ToraMASA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ナ/ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

律詩 / BATTLES

今日の1枚は、コチラ ↓
120625_00.jpg
BATTLESの「GLOSS DROP」です。
異形の音造形野郎ども、バトルスの'11年に発表された、通算して2枚目となるフル・アルバムですね。
コノ何ともいえない質感を漂わすジャケット・デザインもインパクトのある1枚ではないでしょうか。

ちなみに、封入されたペーパーをパラパラと開くと ↓
120625_01.jpg
更にでっかくなったジャケットの何モノかが現れマス わーい(嬉しい顔)

バトルスは'08年の11月30日の記事に続いて当ブログ2度目の登場となってオリマス。
そのとき採り上げた1枚目のフル・アルバムからは、4年ぐらいの間隔を空けてリリースされた作品ということで、ファンにとっては待望のアルバムとなったのではないでしょうか。
御承知のとおり、このセカンドを制作真っ只中に主要メンバーの1人であった、一昨年の8月17日の記事でソロ作をピックアップしたタイヨンダイ・ブラクストンがグループを離れたということもあって、より一層次作への関心が高まったように思いマス。

そういった事情もあり、気分も新たにほぼ全面的につくり直したアルバムになったとのことでアリマス。
前作と比べると、緻密に音が構築されつけ入る隙のない仕上がりというよりは、よりシンプルなツクリとなっていて、フリーなスペースをメンバーそれぞれの類稀なる力量で鮮やかに泳ぐ、そんな内容になっているように思いマス。
兎にも角にもサスガの完成度になっているのではないでしょうか。

タイヨンダイの穴を埋めるように参加した豪華ゲスト陣も話題になっていましたネ。
当ブログでも過去記事にて何度か名前の触れた御大ゲイリー・ニューマンを筆頭に、実力派個性派の大物が本作の色づけに一役買ってオリヤス。
その他の面々は聴いてのお楽しみということで・・・

補足ながら今年には、本作のジャケット・デザインとアルバム・タイトルをもじったミックス・アルバムも発表されトリマス。
両作品を聴き比べるのもかなり興味深いのではないでしょうか。
といったところで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
posted by ToraMASA at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ナ/ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

揺らぎ / BEASTIE BOYS

今日の1枚は、コチラ ↓
120512.jpg
BEASTIE BOYSの「ILL COMMUNICATION」です。
ビースティ・ボーイズの'94年頃・・・に発表された、通算して4枚目ぐらいとなるアルバムですね。
以前にも書きましたとおり彼らの作品のジャケットもユニークなものが多いのですが、本作もかなりパンチの効いたジャケット・デザインが印象的だと思いマス。

先日メンバーの一人、アダム“MCA”ヤウクが亡くなったという衝撃のニュースがありました。
少し前にはご本人の手術が無事成功したり、また今年にはグループがロックの殿堂に選ばれたりと良い知らせが続いていただけに残念です。
今回は、彼への哀悼の意を込めて、ビースティの代表作の1つである本作をピックアップしました。

ビースティ・ボーイズは'08年の6月4日の記事に続いて当ブログ3度目の登場となります。
その前回採り上げたアルバムなどでは、イイ意味で得手勝手でヤンチャぶりが人気を博した彼らですケレドモ、本作はそれだけではないトコロを魅せつけた快心の1枚になっていると思いマス。
サンプリング音と生の演奏を巧みに織り交ぜつつ、幅広いジャンルが顔を見せる、彼らの音楽的な懐の深さとソレを形にしてしまう卓越したセンスが見事に表現された完成度の高いアルバムではないでしょうか。

このアルバムも評価の定まっている1枚だと思うので、感想じみたことはこのアタリにしておきます。
そんな時代を超越した名盤ということで、リマスター盤や2枚組みのものなど、幾つかのヴァージョンが再販されています。
自分のものは、4曲ほどのボーナス・トラックが収録された日本盤です。

'07年3月21日の記事で採り上げたベスト盤のジャケットのように
070321.jpg
3人ともに翁になるまでクールで尖がった活動を続けているという姿を見ることが出来なくなってしまったのは、寂しいですね・・・
MCA、アダム・ヤウクのご冥福を心よりお祈り致します。

といったところで、お側に是非1枚。
本日の一品でした。
posted by ToraMASA at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ナ/ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。