2012年06月17日

阿出 / R.E.M.

今日の1枚は、コチラ ↓
120617.jpg
R.E.M.の「COLLAPSE INTO NOW」です。
R.E.M.の'11年に発表された、通算してフル・レングス盤としては15枚目となるアルバムですね。
コチラへむかって手を振る姿のジャケット・デザインが印象に残らざるを得ない1枚でアリマス。

昨年の11月4日の記事に続いて、当ブログでは5度目ぐらいの登場にナリマス。
その記事などでも触れましたとおり解散が発表されたので、彼らのラスト・アルバムとなってしまった作品です。
本作の発表はそれよりも前だったので、そう思い返すとジャケットに彼らの意思表示のようなものがすでに表れているように感じます。

30年を優に超える活動歴を誇り、その間に出された作品はほぼどれをとってみても優れたものばかりという傑出したグループであり、バンドとして最後の作品となった本作もその例に漏れず彼らにしか作り得ない素晴らしい内容になっていると思いマス。

有終の美ということを図ってかどうなのか、その真意のほどは定かではないのですケレドモ、深みのある音世界を保ちつつも、モノスゴイポップな仕上がりになっているように感じます。
そんなこんななので、このアルバムから彼らのサウンドを初めて聴く方には新鮮な1枚として、従来からのファンにとっては彼らの長年のキャリアによって培われてきた様々なものをしみじみ思い返すことの出来る1枚になっているのではないでしょうか。

当ブログの過去記事などとの関連では、本作のリリース前から話題になっていましたが、両者共に何度も名前の登場したエディ・ヴェダーパティ・スミスらがゲストとして参加しており、個性派同士イイ味を出してオリマス。
もう彼らのバンドとしての新しいサウンドを聴くことが出来なくなるといのはやはり寂しいですけれども、メンバー各々が活躍の場を広げているので、今後はそちらを楽しみにしたいと思います。
といったところで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
posted by ToraMASA at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ア/カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。