2012年05月12日

揺らぎ / BEASTIE BOYS

今日の1枚は、コチラ ↓
120512.jpg
BEASTIE BOYSの「ILL COMMUNICATION」です。
ビースティ・ボーイズの'94年頃・・・に発表された、通算して4枚目ぐらいとなるアルバムですね。
以前にも書きましたとおり彼らの作品のジャケットもユニークなものが多いのですが、本作もかなりパンチの効いたジャケット・デザインが印象的だと思いマス。

先日メンバーの一人、アダム“MCA”ヤウクが亡くなったという衝撃のニュースがありました。
少し前にはご本人の手術が無事成功したり、また今年にはグループがロックの殿堂に選ばれたりと良い知らせが続いていただけに残念です。
今回は、彼への哀悼の意を込めて、ビースティの代表作の1つである本作をピックアップしました。

ビースティ・ボーイズは'08年の6月4日の記事に続いて当ブログ3度目の登場となります。
その前回採り上げたアルバムなどでは、イイ意味で得手勝手でヤンチャぶりが人気を博した彼らですケレドモ、本作はそれだけではないトコロを魅せつけた快心の1枚になっていると思いマス。
サンプリング音と生の演奏を巧みに織り交ぜつつ、幅広いジャンルが顔を見せる、彼らの音楽的な懐の深さとソレを形にしてしまう卓越したセンスが見事に表現された完成度の高いアルバムではないでしょうか。

このアルバムも評価の定まっている1枚だと思うので、感想じみたことはこのアタリにしておきます。
そんな時代を超越した名盤ということで、リマスター盤や2枚組みのものなど、幾つかのヴァージョンが再販されています。
自分のものは、4曲ほどのボーナス・トラックが収録された日本盤です。

'07年3月21日の記事で採り上げたベスト盤のジャケットのように
070321.jpg
3人ともに翁になるまでクールで尖がった活動を続けているという姿を見ることが出来なくなってしまったのは、寂しいですね・・・
MCA、アダム・ヤウクのご冥福を心よりお祈り致します。

といったところで、お側に是非1枚。
本日の一品でした。
posted by ToraMASA at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ナ/ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269674382

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。