2008年12月03日

クラッシャー大 / FOO FIGHTERS

今日の1枚は、コチラ ↓
081203.jpg
FOO FIGHTERSの「ECHOES, SILENCE, PATIENCE & GRACE」です。
タグ付けるほどに当ブログでは御馴染みとなっているグループの1つ、フー・ファイターズの'07年に発表されたスタジオ録音のフル・アルバムとしては通算して6枚目となるアルバムですね。
時系列的には、3月12日の記事で採り上げた2枚組みのアルバム、そして8月10日の記事でピックアップしたライブ・アルバムに続く作品になるかと思いマス。

最近(・・・というほど最近でもないので恐縮なのですケレドモたらーっ(汗))、BBCの開局40周年を記念したカバー・アルバムにフー・ファイターズがウィングスの「Band On The Run」をカバーしたモノが収録されていたナァ・・・ということから、前々回の記事と同じく11月29日の記事リンゴ・スターのアルバムを採り上げた流れで、かなり強引な遠いビートルズ繋がり・・・ということからマタマタ彼らにご登場願いマシタ わーい(嬉しい顔)アイヤー
このカバー・アルバムは未だ聴くことが出来ていないのですが、何とか聴いてみたい1枚であったりします・・・

前述の記事でこのアルバムの名前にだけ触れ、そしてその時にも書いたのですケレドモ、御承知のとおり、一番直近のグラミーで最優秀ロックアルバムに選ばれた1枚であり、アルバムの冒頭を颯爽と飾る「The Pretender」が最優秀ハード・ロック・パフォーマンスにも選ばれておりヤス。

そういった点から、まさに近年のロック・アルバムを代表する作品の1つかなと思う次第でアリマス。
ちょっと洋楽でも聴いてみたいけど何がオススメかと尋ねられたときなどに、とりあえず薦めておいて間違いのない1作ではないでしょうか。

今回のアルバムは、前作やライブ盤で魅せたアコースティクな側面と従来から持つハードな面が、前作では2枚組みということで分かれていたのですが、極めて巧みに融合された素晴らしい内容になっていると思いマス。
新しい世代の米国ロックの王道を示した作品といったところではないでしょうか。
グラミー受賞作品なので感想じみたことはこの辺で・・・
そんなこんなでお側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
タグ:Foo Fighters
posted by ToraMASA at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ナ/ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110638008

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。