2011年09月30日

イェロウ / FLYING LOTUS

今日の1枚は、コチラ ↓
110930.jpg
FLYING LOTUSの「LOS ANGELS」です。
鬼才、フライング・ロータスの'08年頃・・・にリリースされた通算して2枚目となるフル・アルバムですね。
一昨々年の1月22日の記事でピックアップしたアルバムを思わせるかのようなジャケット・デザインも、目を引く1枚ではないでしょうか。
補足ながら、両アーティストは交流アリと伝え聞いてオリマス。

8月19日の記事中でその名前に触れていたので、そのアト直ぐに採り上げようと考えていたにもかかわらず、すっかりと忘れており、ちょっと間を空けた今回ピックアップする運びとナリマシタ。
フライング・ロータスことスティーヴン・エリソンも、近年のシーンにおいてもはや説明不要の最重要人物の一人でアリマス。
親族には巨匠中の巨匠ジョン・コルトレーンアリス・コルトレーンらがいるということも、広く知られていることと思いマス。
ちなみに、このアルバムは前年に亡くなられたアリス・コルトレーンに捧げられた1枚でもアリマス。

世に出て以来、その類稀なる感覚で評価を高め、ジャンルの垣根を飛び越えた様々なアーティスト達からも熱い視線を集め続けていますネ。
そんなこんなで、過去記事では何度か名前にだけは触れてきたような気がするので、アルバムも採り上げたことがあったと思っていたのですケレドモ、今回が満を持しての(!?)初登場になっとりマス。

本作品はコレマタ昨年の10月6日の記事等々、過去記事では幾度も登場してオリマスワープへ移籍して出されたEPを挟んでの、一発目となるフルレングスのアルバムということで、発表当時注目の1作だったと思いマス。

より一層彼の名を広く知らしめたのが、そのEPとこのアルバムのように感じるので、本作からガッツリと彼の作品を聴いたという方もかなりいらっしゃるかもしれません。
アルバム・タイトルは自分の出身地からつけ、その思いが表現された内容になっているとのことでアリマス。

ほとんど前提知識を持たずに聴いた方が、それぞれの持つイマジネーションを広げてくれると思うので、感想じみたことはナシの方向でイキマス。
それほどに、作品全体で1つの映画を見ているかのような、無限の可能性を持つサウンド・スケープが展開された素晴らしすぐる1枚になっていると思いマス。

ちょうどこの時期のような秋の夜長にもモノスゴイ効き目のあるアルバムではないでしょうか。
といったところで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
posted by ToraMASA at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ナ/ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

駆動凛 / SHERRY

諸々入れ替え作業が未だ終わることなく継続中ということで、定例のショート・ヴァージョンではないのですケレドモ、本日も簡易更新でお送りシマス。
後日書き足すことがあるやもしれません。

そんな今日の1枚は、コチラ ↓
110928.jpg
SHERRYの「CHAMELEON JAZZ WITH CLASSIC FLAVOR」です。
'10年にリリースされた、カメレオン・ジャズ・シリーズの第一弾ですね。
プレデターの視点風なジャケット・デザインも、アルバムのタイトルとかかっていて印象的な1枚ではないでしょうか。

そのものズバリではないのですが、当ブログでは春以来のクラシックモノにナリマス。
アルバム・タイトルにありますとおり、クラシックの名曲たちを素材にして、大胆に動いていくサウンドを楽しめる内容になっていると思いマス。
題材となっている楽曲は、どれも知らない人はおそらくいないと思われる曲ばかりなので、どのように変化しているのか、聴きドコロの1つではないでしょうか。

その流れで、収録曲の元ネタを挙げておきます。

1.ベートーヴェン / 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 ≪運命≫第1楽章 Allegro con brio
2.モーツァルト / 交響曲第40番ト短調 K.550 第1楽章:モルト・アレグロ
3.ベートーヴェン / エリーゼのために
4.ショパン / 練習曲第3番ホ長調op.10-3≪別れの曲≫
5.ホルスト / 組曲≪惑星≫作品32 第4曲 木星
6.ドヴォルザーク / 交響曲 第9番 ホ短調 作品95≪新世界より≫ 第4楽章 Allegro con fuoco
7.オッフェンバック / 喜歌劇≪天国と地獄≫序曲
8.ベートーヴェン / ピアノソナタ第8番ハ短調作品13≪大ソナタ悲愴≫第2楽章 Adagio cantabile

続編は、コレマタタグを付けているほどに度々当ブログでは登場しているマイケルの楽曲をモチーフにしたものとなっているということで、機会があればピックアップするかもしれません。
といったところで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
タグ:クラシック
posted by ToraMASA at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(サ/タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

直截的

諸々入れ替え中ということで、本日は前倒し、前倒しでの大脱線超ショート・ヴァージョン更新でアリマス。

お土産に、
110926_00.jpg
あぶりみたらしなるものを頂戴しました。
ふと思えば和菓子も、ここのところ3、4ヶ月に1度ぐらいで登場し、シリーズ化してきているような気がシマス ひらめき

110926_01.jpg
イメージとして持っているみたらし団子とは、違った風貌でちょいとビックリでありんす。
餅そのものがフワフワと柔らかく、大変おいしゅうございました、アリガトーン かわいい

といったところで、本日の一品でした 喫茶店

110926_02.jpg
オー 手(グー)
posted by ToraMASA at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他モロモロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。