2009年09月30日

紺碧 / CROSBY,STILLS,NASH & YOUNG(BlogPet)

とらまさの「紺碧 / CROSBY,STILLS,NASH & YOUNG」のまねしてかいてみるね

9月15日の世代の時代背景等々と思いマス。
メンバー個々人がよりも聴きのです。
何度か登場しておられるので、お側に思うの時代背景等々と絡めておきましたメンバーでのファーストに尽くし難いパーフェクトなサウンドの出た有名なサウンドのトラディショナルなジャケット中になりますね。

*このエントリは、ブログペットの「三郎四郎」が書きました。
posted by ToraMASA at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他モロモロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

紺碧 / CROSBY,STILLS,NASH & YOUNG

9月も最終週に突入デス。

そんな今日の1枚は、コチラ ↓
090929_00.jpg
CROSBY,STILLS,NASH & YOUNGの「DEJA VU」です。
クロスビー・スティルス、ナッシュ&ヤング(以下CSN&Yでイキマス)の'70年頃・・・に発表された、コノ名義での記念すべきファースト・アルバムですね。
西部の開拓時代を模した有名なジャケット・デザインからも、本作品の雰囲気を感じられるように思うのですがどうでしょうか。

一昨年の9月21日の記事で採り上げたバーズのメンバーだったデイヴィッド・クロスビー、コチラも何度か過去記事で名前の出たバッファロー・スプリングフィールドのメンバーであったスティーヴン・スティルス、元ホリーズグレアム・ナッシュで結成されたCS&Nに、昨年の6月15日の記事等々コレマタ当ブログでは幾度か登場しておりますニール・ヤングが加入したCSN&Yもまた、言わずもがなのポピュラー音楽史上にソノ名を残す偉大なるグループの1つでアリマス。
そういえば当ブログでは久々のニール・ヤングモノになりますネ・・・

ジャケット中には ↓
090929_01.jpg
ヤングを含めたメンバーの当時の勇姿が収められているので、オマケに載せておきました。

この作品はそんな彼らのファーストにして、スタジオ録音モノとしては唯一のアルバムになるかと思いマス。
メンバー個々人が非常に傑出したアーティストということもあり、米国のトラディショナルなサウンドのエッセンスの詰まった素晴らしい1枚になっていますね。

細かい感想は、リアルタイムでこの作品を聴いたボクらよりもはるかに上の世代の方々が、当時の時代背景等々と絡めて情熱のこもった優れたレビューを数多く書いておられるので、それらを読んでいただくとこのアルバムの重要度がより理解出来ることと思いマス。

何はともあれ、その後のシーンへも強い影響力を与えた1作でアリマス。
筆舌に尽くし難いパーフェクトなコーラス・ワークも聴きドコロの1つだと思いマス。
といったところで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
posted by ToraMASA at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(ア/カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

ミナギル

今日は大いなる息抜き、ほぼ写真のみの超ショート・ヴァージョン更新でお送りイタシマス。

090927_01.jpg
先日、多賀大社へお参りに行ってキマシタ。
写真は表玄関のそり橋、通称太閤橋と呼ばれている太鼓橋でアリマス。

境内は・・・
090927_00.jpg
悠久の時を感じる、荘厳な空気が流れていました。
お土産はモチロン糸切り餅、大変おいしゅうございました。

・・・おしまい ダッシュ(走り出すさま)
posted by ToraMASA at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他モロモロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。