2009年04月30日

とら(BlogPet)

きょうは、とらまさととらまさと開幕したかった。

*このエントリは、ブログペットの「三郎四郎」が書きました。
posted by ToraMASA at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他モロモロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

ウタカタ / THE SMITHS

今日の1枚は、コチラ ↓
090429_00.jpg
THE SMITHSの「MEAT IS MURDER」です。
'80年代の英国ロック界の代表格グループの1つ、ザ・スミスの'85年頃・・・に発表された通算2枚目となるアルバムですね。
このセカンドのジャケット・デザインも、アルバムのタイトルとも相俟って強く印象に残るものになっているように思うのですが、どうでしょうか。

ちなみに、傑作アルバムの1つということからコノ作品も幾度か再販されているようで、オモテに使われている写真は同じながらちょっとだけ異なったジャケ写のモノもあるみたいデス。

スミスは3月12日の記事に続いて当ブログ2度目の登場となってオリマス。
その時に彼らを代表するアルバムとしてこの作品の名前にも触れたので、今回ピックアップしてミマシタ。
前回採り上げた時に書き忘れていたのですが、昨年の後半ぐらいには彼らのかなり貴重な音源を含めた2枚組みのベスト盤も出されたりして、解散後も衰えぬ人気と影響力を推し量ることが出来るように思いマス。

前にピックアップしたアルバム、そしてこの1枚とどちらも素晴らしい作品のですケレドモ、前回にも書きましたとおりコチラの方がギターを主軸とした、楽器の構成はシンプルなツクリになっているのではないでしょうか。
しかしながら、音の積み重ね方などは複雑、独特でまさに彼らにしか出せない世界観が表現されていて、楽器の構成がシンプルなだけにモリッシージョニー・マーを中心とした彼らの非凡さが際立つ1枚ではなかろうかと思う次第でアリマス。
人それぞれの好みによってタッチの差でコチラのアルバムをイチオシにされる方も多いのかもしれませんね。

この1枚も語り尽くされた作品なので、感想じみたことはこの辺で・・・・
おまけとして ↓
090429_01.jpg
ジャケット中には若かりし日の彼らの姿をおさめたショットも入れられているので載せておきます。

といったところで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
posted by ToraMASA at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(サ/タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

周章狼狽

今日は激しく襲い来る偏頭痛と格闘中 ふらふら・・・ということで、ちょっとばかりコンパクトな更新になってしまうかと思いマスが、あらかじめご容赦クダサイ。

そんな本日の1枚は、コチラ ↓
090427.jpg
THE DEER HUNTER ORIGINAL SOUNDTRACK」です。
映画「ディア・ハンター」のサントラですね。
当ブログでは少しだけ久しぶりのサントラの登場になってオリヤス。

過去に採り上げてきたサントラは、色んなアーティスト達の楽曲を集めたオムニバス形式のモノが多かったのですが、コレはいわゆるスコアモノで本来の意味でのサウンド・トラックになりますネ。

映画自体は'79年のアカデミー作品賞を受賞したもはや説明不要の1作かと思いマス。
本編は結構長尺だったと思うので、テレビなどで見る機会は少なくなっているのかも・・・しれません。
ちなみに付属のライナーノーツには、音楽のことについてはもちろん、映画そのもののことについても触れられてオリマス。

音楽の担当は、映画音楽では著名なスタンリー・マイヤーズですね。
何といってもメイン・テーマになっている「Cavatina」が広く知られているのではないでしょうか。
ギターの美しく印象的な音色が魅力の楽曲ではと思うのですが、ご存知のとおりこのギターはコレマタクラシック・ギター奏者として著名なジョン・ウイリアムズによるものでアリマス。

といったところで、今日はこのアルバムなどを聴きながらユルリと過ごしたいと思いマス・・・
そんなこんなで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)
タグ:サントラ
posted by ToraMASA at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音モノ(サ/タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。