2008年05月19日

標準 / THE RENTALS

今日の1枚は、コチラ ↓
080519_00.jpg
THE RENTALSの「RETURN OF THE RENTALS」(邦題はレンタルズの逆襲カチンコ)です。
レンタルズの'95年頃・・・に発表されたファースト・アルバムですね。
何となくインテリジェンスを感じさせるような、ハタマタどことなく情けないようなジャケットのデザインもナカナカユニークなのではないでしょうか。

ご存知のように、レンタルズは4月25日の記事で採り上げたウィーザーの初代ベーシストであったマット・シャープのソロ・プロジェクトですね。
このアルバムが出された時には、まだウィーザーに在籍していましたが、この後に自分の音楽道を極めるためにウィーザーを脱退することになるということで、ウィーザーファンの方にとっては良くも悪くも印象的な作品となっているかも・・・しれません。

サウンドの特徴としては何といってもムーグ・シンセの不安げに揺れ動く音色が魅力の1つではなかろうかと思いマス。
ジャケット中の写真も・・・ ↓
080519_01.jpg
そんな雰囲気が感じられるのでは・・・と思ったので載せておきました。

そこに柔らかでちょいと寂しげなメロディーラインが混ざり合って、なぜかと問われると返答に困るのですケレドモどこか懐かしさを覚えるような不思議な感じを受ける仕上がりになっていますね。
男性ボーカルと女性ボーカルのバランスもなかなか上手い具合になっており、彼らの生み出す独特の音世界に絶妙な効果を与えているのではなかろうかと、こんな風に思いマス。
極々個人的な感覚では、3月2日の記事で採り上げたアンドレアス・ドラウのアルバムでも感じられるのと似たような空気感があるように思ったりもするので、モノは試しに聴き比べてみてはいかがでしょうか。

しばらくマット個人の活動のためお休みしていましたが、最近また再起動の兆しがあって楽しみにしておれらる方も大勢いらっしゃることと思いマス。
そんなこんなで、お側に是非1枚!!

・・・本日の一品でした ダッシュ(走り出すさま)ビヨヨヨヨン
posted by ToraMASA at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 音モノ(ラ/ワ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。